25坪の平屋の価格はいくら?|3LDK・2LDKの間取りの実例

25坪の平屋の価格っていくらぐらいなんだろう?

本記事は、このような疑問を持つ人に向けて執筆しています

最近はSNSなどで、スタイリッシュな平屋が増えたことで、シニア世代だけでなく、若い世代にも平屋の人気が出てきています

そこでネックになるのが値段との兼ね合いではないでしょうか?

平屋は、広い土地、基礎や屋根部分が広くなるため、2階建てより価格が割高になると言われています

よりコンパクトな平屋にすることで全体的な値段を安くでき、2階建てと比べた割高感も少なくなります

本記事では、延床面積25坪の平屋の価格・間取りについて参考になる情報をご紹介していきます

25坪の平屋の価格相場

まず、25坪の平屋の価格相場はいくらぐらいでしょうか?

結論から言うと、25坪の平屋は本体価格1000万円から可能です

あくまで本体価格なので、実際の家づくりには、それ以外にこちらの費用も必要です

  • 付帯工事費:

このうち、ハウスメーカーや工務店によって大きく差が出るのが本体価格

一般的な平屋本体の坪単価は、このように言われています

  • ローコストメーカー:40万円~50万円
  • 中堅・大手ハウスメーカー:60万~70万円

ローコストメーカーでも、多少のオプションは必要になってくるので、

25坪の本体価格は、1500万円は見ておくほうが良いでしょう

本体価格は、選ぶメーカー・工務店だけでなく、使用する建材、オプションによっても大きく開きが出るので注意が必要です。

25坪の平屋|部屋はいくつ作れる?

結論から言うと、25坪の平屋は、2~3LDKに適した間取りと言えます

3LDKになると、LDKや各部屋が少し狭くなり、窮屈になるかもしれません。

  • 2LDK、3LDKの間取りの実例
  • 25坪の平屋の間取りにポイント

をご紹介します

25坪の平屋|3LDKの間取り

25坪・3LDKの間取りを2つご紹介します

ゆとりのあるLDKの間取り

25坪、3LDKの間取り
出典:ミサワホーム
  • 25坪・3LDK(南玄関)
  • 延床面積:84.46㎡

ダイニングを独立させ、ゆとりのあるLDKスペースの間取り

コンパクトながらも、無駄がなく暮らしやすい3LDKの間取りです

水回りを集中させた家事導線の良い間取り

26坪、3LDKの間取り
出典:ミサワホーム
  • 26坪・3LDK(西玄関)
  • 延床面積:86.95㎡

北側に水回りを集中させた、家事導線のスムーズな間取り

1つの個室と、主寝室の他、上部には、ロフトも設置されています

25坪のヒント|サービスルームをつけて3LDKのように使う

25坪で生活スペースや収納をもっと増やしたい!

という場合は、タテの空間を活用してスペースを増やすのも一案です

土地を広げることなく、空間を活用できるので、土地代を安くできるのもメリットです

2LDK+S(ロフト付き)|25坪・南玄関

出典:イワクラホーム
  • 南入り
  • 2LDK+S
  • 延床面積:85.42㎡(25.79坪)

1LDK+2S|南玄関・26坪

出典:イワクラホーム
  • 南玄関
  • 1LDK+2S
  • 延床面積:88.79㎡(26.81坪)

1LDK+2S|北玄関・26坪

出典:イワクラホーム
  • 北玄関
  • 1LDK+2S
  • 延床面積:88.79㎡(26.81坪)

4LDKは何坪必要?

25坪の平屋は、2人暮らしの夫婦には良いけど、子育てするには少し狭いな・・

できれば4LDK欲しい、という人も多いでしょう

4LDKの平屋ならば、最低27坪~30坪は欲しいところ

ミサワホームの平屋の間取り(30坪4LDK)
出典:ミサワホーム
  • 30坪・4LDK(北玄関)
  • 延べ床面積:101.85㎡

こちらは、実際の30坪・4LDKの間取り

LDKが20畳と広めなので、LDKを17~18畳にすれば、27坪の敷地でも4LDKが可能です

25坪の平屋の間取りのポイント

25坪の平屋のポイントをご紹介します

勾配天井で開放的な空間にする

LDKを勾配天井にすることで、コンパクトな間取りでも開放的な空間に見せることができます

タテの空間を活用する

25坪・2LDKや3LDKの平屋で心配なのが、収納スペース

平屋は、2階部分や階段部分がないため、2階建てに比べ、収納スペースがウィークポイントになりがちです。

タテ空間を活用して収納スペースやロフトを設けることで、土地を広げることなく、収納場所を効率的に確保できますよ

スキップフロアを設ける

スキップフロアを設けて、1.5階風の平屋にするのも一案です

土地面積を広げず、タテ空間にスキップフロアを設けることで、

25坪の間取りでも生活スペースや収納場所を増やせます

スキップフロアは子供の遊びスペースとしても人気です

→【スキップフロア】

25坪の平屋|新築費用を安くするポイント

より平屋の新築費用を安くするには、個人的には以下のポイントがおススメです

  • 単純な坪単価だけでなく、標準仕様もチェック
  • 規格住宅を選ぶ
  • 相見積もりで費用を比較

単純な坪単価だけでなく、標準仕様もチェック

ローコストメーカーの単純な坪単価だけでなく、標準仕様もチェックしましょう

例えば、最初のプランは坪単価40万円だけれど、オプションなどが何もついていないため、必要な設備をつけると、結局、坪単価が60万円ほどになってしまった!なんてのも良くある事例です

予め必要な標準仕様がプランに組み込まれていれば、打合せ毎に値段がいたずらに上がって後悔することもありません

→【標準仕様が充実したメーカー】

規格住宅を選ぶ

間取りや価格が予めプランニングされた規格住宅ならば、完全自由設計よりも新築費用を安くできます

例えば、ローコストで有名なタマホームで、同じ坪数の見積もりを取った結果、規格住宅と完全自由設計では、約200万円の差があります

規格住宅と言っても、間取りの変更は不可のメーカーから、間取り変更や、豊富なプランから選べるメーカーまでプランは様々。詳しくはこちらの記事をご覧ください

→【規格住宅】

相見積もりで費用を比較

平屋の新築費用を安くするために、最も重要なのが、複数の業者から相見積もりを取ることです

相見積もりを取ることで、同じ坪数、間取りでも、最大700万円もの差が出ると言われています

実際に、私も、相見積もりを取ることで、新築費用を500万円以上も安くすることができました

→【700万円安くする方法】

まとめ

25坪の平屋の新築費用は、最も安くて本体価格1000万円から可能、実際には、オプションなども合わせると、1500万円ほどが相場と言えます

2LDK~3LDKの間取りが可能で、タテ空間やサービスルームを活用することで、2LDKでも3LDKのように暮らすことが可能です

より費用を安くするには、標準仕様が充実したメーカーや、規格住宅を選ぶのも一案です

複数業者から相見積もりを取ることで、平屋の新築費用に最大700万円も差が出るので、必ず取るようにしましょう

相見積もりは、タウンライフが便利!簡単3分の入力で、複数業者の見積と、25坪の平屋の複数の間取りプランも手に入ります!こちらの記事をご覧ください。

相場
平屋の価格を500万円安くする方法!元設計士が教えます

コメント