【平屋に建て替え】必要な手順や価格相場は?解体諸費用はいくらする?

平屋の新築費用

建物が古くなってきたり、親が住んで家を相続したけど住みやすいようにしたいなどの理由で建て替えを検討している人は、どのような手順で建て替えを進めればいいのか知っていますか?また、平屋の新築費用はどのくらいか、など知っておくと便利なこともたくさんあります!

住み慣れた土地に住み続けるために、平屋に建て替える事によって住宅の寿命を伸ばすことができれば嬉しいものです。また、建て替えにかかる相場や必要な手順がわかれば、所有している土地に古い建物が建っている場合でも、解体して立て替えるという選択肢が増えるでしょう。

今回は、平屋への新築建て替えを行う際に、必要な手順や費用の相場について詳しく解説していきます。

平屋に建て替えることで得られるものって?嬉しい3つのメリットとは

住宅を購入したり、建て替えたりする際に初めから平屋を検討する人はあまりいないのではないでしょうか?

ですが実は、平屋住宅には嬉しいメリットがたくさんあるんです。まずは、平屋への建て替えのメリットを知っておきましょう。

設計する時の自由度が高い

平屋の建物は上に部屋がない分、天井を高くしたり、家の真ん中を中庭にしたり、自由度の高い設計ができる場合が多いです。

また、お風呂は一階、寝室は二階など、「どの部屋が何階にあるべきだ」という自分の中の固定概念に縛られることなく、間取りを考えることができます。

そして、女性に嬉しいのは「スムーズな家事導線の間取り」に作りやすいこと。全ての部屋が、同じ階にあるので自分が家事をしやすい部屋のつながりを作ることができます。

実は平屋は地震の時に強い

地震大国の日本では、地震に強い家というのは最大のメリットなのではないでしょうか。耐震基準などが、大地震などが起こるたびに改定されていて、高い建物でも倒壊のリスクは、減ってきてはいますが、基本的に、高いほど地震の影響を受けやすいです。

平屋は一階建てのため、階数のある建物より、地震の影響を受けにくいのです。せっかく建てるマイホームですから、地震などの自然災害から受けるリスクも小さい方が良いですよね!

バリアフリー化で将来安心

ワンフロア設計の平屋は、階段がないためバリアフリーになっています。

また、設計次第では全ての段差をなくすこともできるので完全バリアフリーを実現できます。安心して老後も住み続けることが可能でき、お子様が小さくてもつまずいたりする心配がありません。

平屋の建て替え費用の相場は?全面リフォームの費用との違いも!

平屋への建て替えはメリットも多く、長く住める家という観点で人気もあります。しかし、ここで気になるのは平屋の新築費用や建て替えにかかる費用ですよね。

今回は、平屋の新築に建て替えるには、全面リフォームの場合とどのくらい費用が違うのか、費用を抑えるにはどうしたら良いのかを解説していきます。

解体する時の諸費用の相場

今住んでいる住まいや、親などから相続した住宅を平屋へ建て替えたいと思ったら、まず、今建っている古い建物を解体しなくてはなりませんよね。その場合、解体費用以外にも古い建物の登記簿の閉鎖や地盤調査などの費用がかかってきます。

その際に、かかる諸費用の相場は以下の通りです。

解体費用木造 2〜4万円(1坪あたり)鉄筋コンクリート 4〜6万円(1坪あたり)
登記費用約20万円前後(解体から新しい建物の登記分も込みで)
地盤調査5〜10万円

全面リフォームの場合と比較

建て替えを検討している人の中には、全面リフォームやリノベーションと迷っている人もいるのではないでしょうか?全面リフォームやリノベーションをする際の相場は、350万円〜2000万円と幅広くなっています。

リフォームですので、どこからどこまでを直すのかという工事の規模で、料金は変わってきます。リフォームやリノベーションだと、間取り変更ができないなどのデメリットも生じる場合があります。

費用を抑えたいなら減築がいい

もしも、建物を新しくするというこだわりがなく、子供が巣立ったから部屋数を減らしたい、バリアフリーのために平屋に建て替えたいなどの理由で、「できるだけ費用を抑えたい」という方には、減築がおすすめです。

減築する場合の相場は、施工面積1平方メートルあたり10〜15万円くらいとなっているので、現存する建物の規模によっては費用を抑えられる可能性があります。また、減築工事は、建物を全て解体するわけでなく、一階部分は残るため、思い入れのある住まいを残すことができます。

理想の平屋住宅に建て替えるために!おすすめのハウスメーカー3選

せっかく平屋に建て替えるのならば、自分の思い描く理想の家にできるだけ近づけたいですよね!

自分が1番どこを望むのか、譲れない条件はなんなのかを突き詰めてハウスメーカーを決めたいものです。比較対象や知識を得るためにも、平屋を建て替える前に大手ハウスメーカーをしっておくのも重要ですよ。

建築実績の多さで選ぶなら積水ハウス

積水ハウスは、の200万戸以上の建築実績という、驚きの建築実績を持っています。建築費用は、少し相場より高めなのですが、30年の建物保証がついていたりアフターサービスまでしっかりしているところが人気が高い秘密になっています。

アフターサービスが充実していれば、住み始めてからの悩みなども解消しやすいので安心して住むことができますよね!

ローコスト住宅を扱うタマホーム

タマホームは、545万円から建てられるという住宅シリーズもあり、価格が見どころ。平屋への新築費用を抑えつつ、注文住宅のような自由な設計ができたりするところがおすすめ理由です。

また、ツーバイフォー工法という災害や地震に強い工法で建築している住宅がほとんどなので、自然災害対策にも安心して選ぶことができるのが魅力の一つです。

セミオーダー型のゼロキューブ

ゼロキューブとは、住宅の種類の名前なのですが大手の住宅メーカーではなく中小企業やベンチャーなどが多く取り扱っている住宅シリーズになります。

デザイン性が高く、グッドデザイン賞にも輝いたおしゃれな住宅を作ることができるのが魅力的です。1000万円から作れるローコスト住宅を売りにしており、おしゃれな平屋を作りたい人におすすめです。

まとめ

住宅には、マンションや中古戸建てに住むなど選択肢はたくさんあります。ですが、もともと持っている土地があったり、自分好みの間取りにしたいなど考えるのならば断然、平屋の新築への建て替えがおすすめです。

戸建てならば、足音などに気をつかわずのびのび暮らすことができますよね!その中でも、平屋住宅ならば、完全バリアフリー化ができたりと、長く住み続けることができるなどメリットがたくさんありましたね!「建て替えるなら、平屋がいいかも…」と思った人も多いのではないでしょうか。

平屋の新築費用を知りたいのならば、こちらの記事も合わせてご覧下さい

コメント